三井住友銀行カードローンで自動車ローンOK!

自動車ローンの体験談

私は大学生の時に、自動車学校ローンを利用しました。私の家はあまり裕福ではなく、わたしの大学費用だけでいっぱいいっぱいでした。バイトもしておりましたが、大学に行きつつでしたので何十万円も貯めるというのはなかなか難しかったです。しかし、大学四年生の時、やっとの思いでもらった就職先で、入社までに免許を取得して下さいと言われてしまいました。現金で用意するのが難しく、仕方なく自動車学校ローンを利用致しました。

わたしの場合は20歳以上だったので本人のみで完結致しました。20歳未満であれば本人の他に、親権者保証人、つまり両親の記名捺印が必要です。親権者と一緒にくるよう指導されていました。

また、高校生は18歳でも必ず親権者による代理申込みとなるそうです。全部で48回払いでローンを組み、毎月の支払いは7000円ほどであったと思います。もし、自動車ローンがなければ、わたしは大学生のうちに免許を取ることは難しく、ひいては入社も難しくなってしまっていたと思います。

教習所に申し込む金額ですが、通学教習所であれば費用は30万円前後、はかかってしまいうと思います。また、普通免許のマニュアルであれば35万円前後程にあがってしまいます。

普通免許のオートマ限定であれば、MT免許よりも2万円前後安くなりますが、30万ちょっとははかかります。一般的な家庭でも、これほどのまとまったお金を準備するのはなかなか大変だと思います。最近の教習所ではローンもネット申込みが可能となり、簡単に審査申し込みができるため、便利になりました。

高校生か大学生であれば学割りを適用してくれ、数万円安くなる教習所もあるそうです。さらに回数払い・分割払いももちろん可能で、スキップ払いという返済方法で開始時期を遅らせることも可能です。

わたしは48回払いでしたが、一般的には12回から24回払いが主流です。24回払いでは一回1万5千円くらいで、12回払いの時は一回で2万円程を払う形になります。

20歳以上の社会人の場合で、働き始めてすぐに教習所ローンを組む場合は、保証人が必要になる場合が多いでしょう。少なくとも、1年以上は働いていないと、保証人を付けなければ運転免許ローンを組むことはできないと考えたほうが無難だと思います。

多くの方が自動車ローンを利用している事からもわかるように、自動車ローンの必要性はとてもあると思います。しかしながら、現金で支払いができるのであれば、現金で支払いする方が安くなりますので、そちらの方が良いでしょう。

PAGE TOP